土のう・コンテナバッグ

土嚢全品送料無料サービス中!

土のうは土木工事の基本?いいえ、違います。布袋に土(砂)を入れた事から土嚢と称されており、総称として【土のう】と呼ばれております。米袋をゴミ・ガラ入れとして使ったことから生まれた雑袋・ガラ袋。コンテナーで運ぶコンテナバッグ・フレコンバッグ、1t仕様との理由でトンバッグと呼ばれている大型タイプは、水害対策や河川工事にもモチロン、粉体・鉱物・ペレット、基本的には製品の運搬で活躍。ご利用方法はお客様次第なのです。プロショップ・フクヨシでは、各種土のうを送料無料にてご提供致します。土嚢・コンテナバッグのことならフクヨシにお任せ下さい。

土のう・米袋 土木建築の基本、ゴミ・ガラ袋としても使われる雑袋タイプ。

コンテナバッグ 大きなフレコンバック、通称トンバッグです。

土嚢

土嚢(どのう)は、布袋の中に土砂を詰めて用いる土木資材のこと。適宜、土砂を詰め袋を縛り積み上げることで、水や土砂の移動を妨げることができることから、水害時の応急対策や土木工事全般に用いられるほか、爆発物の処理、銃弾や砲弾破片を防ぐ遮蔽物などにも用いられる。砂を詰める場合には砂嚢(さのう)ともいう。

概要

かつては麻袋が一般的であったが、現在ではポリエチレン製の布製が主流である。大きさは、人間が運びやすい大きさである500mm×800mm前後の大きさが主流であるが、油圧ショベルによる作製・運搬を前提とした大型の土嚢も存在する。中詰めの土砂は、災害対策用に用いる場合には土嚢同様、所要量をあらかじめストックしておく必要がある。

近年では、中詰め作業を省力化する専用の土嚢製造機が開発されている。中詰めの土砂を必要としない土嚢も開発されている。こちらは、高吸水性ポリマーを内容物としており、水をかける事によって土嚢として機能するようになっているため軽く、持ち運びが容易である。また、使用後に乾燥させれば、再び軽い状態に戻り、繰り返し使用できるといった特性を持っている。

財団法人日本消防設備安全センターにて、消防防災活動用資機材として認定の土嚢袋「ドノウレンジャー」がある。吸水により膨張し、吸水前の4kgから吸水後21kg程度になる。ヒノキの間伐材・デンプンを主材料とし、比重が水より重く水に沈み、早く、コンパクトで、女性や高齢者にも扱いやすく、使用後は内容物の炭と消臭土壌バイオ菌の活性化で肥料効果を促すため、環境循環型である。

緑化

緑化の土木資材として、生分解性プラスチックなどで編んだ土の上に芝生の種子や肥料を組み合わせた植生土嚢が存在する。適度な浸透性と排水性を兼ね備えており、土留や路肩の保護、水路の築造資材として用いられている。

「土嚢」 (2014年12月10日 (水) 15:14+0900 (UTC)) 『ウィキペディア日本語版』。
http://ja.wikipedia.org/wiki/土嚢
「クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンスの下で利用可能です」