合材シートは配送料タダ
特注可能

合材シート
道路工事・舗装工事の最大の敵はダンプによるアスファルト合材運搬時の温度低下。

耐熱合材シート使用イメージ
  • ダンプ用合材シートの写真
  • 合材シートの構造図
  • アスファルト合材シートの構造

アスファルト合材は熱い内に

合材シートは、道路および舗装工事の必需品!アスファルト合材は運搬・舗設の間に温度低下が起き、アスファルトのダレや材料分離(品質)・作業性・仕上がりの劣化をまねきます。耐熱シート(アスファルト合材シート)を使うことにより、天候・気温の変化を最小限に押さえます。耐熱ポリエステルフェルトとコスモターポリンの二重合せ縫製により、耐熱性・保温性に優れた合材に最適なシートです。

フクヨシの合材シートは、大手道路施工会社様をはじめとした合材工場でも採用さている高性能な合材シートです。

アスファルト合材シート

耐熱ポリエステルフェルトとコスモターポリンの二重あわせの縫製により、耐熱性・保温性に優れた合材に最適なシートです。保温力がさらにアップし、温度低下を最小限に押さえ、軽量化した優れもの。1枚掛けでもOK!2枚掛けなら効果抜群!!

アスファルト合材シートの取扱説明

合材シートの構造
  1. 1. アスファルト合材との面には必ずフェルト面を使用してください。ターポリン面を使用すると、シートの破損の原因となります。
  2. 2. 保温効果を上げるためには、右図のようにカバーすることをおすすめします。
  3. 3. 走行する時は必ずシートが飛ばないよう、ロープ等でシートを押えて下さい。
  1. 4. シートを取り外す時、周囲のハトメが加熱しているおそれがあります。ハトメを持たないよう注意してください。
  2. 5. 通常の合材温度では融解したり、燃えたりはしませんが、加熱合材等により200度以上の合材温度は、繊維の溶解や火災の原因になりますので使用しないで下さい。
  3. 6. 合材シートは難燃・不燃シートではございませんので注意してください。

※ 耐熱フェルト表面は撥水仕様ですので、合材が付きにくくなっております。

耐熱・保温シート(アスファルト合材シート)注意事項

この合材シートはアスファルト合材(AS合材)のダンプカーによる運搬目的のために使用するシートです。他の目的で使用すると事故の原因となる恐れがありますので、使用しないで下さい。

合材シートの物性値

耐熱ポリエステルフェルト
材質 ポリエステル
重量(g/m2 470
布厚(m/m) 1.4~1.6
通気度(cc/cm2/sec at 12.7mm Aq) 13
引張強度 経(kg/5cm) 90以上
緯(kg/5cm) 120以上
破断伸度 経(%) 20~28
緯(%) 20~28
硬化点(℃) 238~240
※ 耐熱ポリエステルフェルトは難燃・不燃性ではございませんのでご注意下さい。
コスモスペーサー
巾(cm) 187
長さ(m) 50
厚さ(mm) 0.35
重量(g/m2 410
引張強度 縦(N/3cm) 520
横(N/3cm) 490
断裂伸度 縦(%) 22
横(%) 25
引裂強度 縦(N) 90
横(N) 80
品番 品名 サイズ ハトメ 入数 価格
SG-2 合材シート2t用 1.8m×3.7m 3枚 89,100
SG-4 合材シート4t用 2.4m×3.7m 2枚 79,600
SG-10 合材シート10t用 2.7m×5.4m 1枚 62,800
商品を購入
FAXで注文
特注加工はお問い合わせください。