~ ヘルメットの選び方 ~

■ あなたの作業にあった種類のヘルメットを使用してください。

■ ヘルメットは、帽体、着装体(内装)、あご紐、衝撃吸収ライナー等の部品によって構成されています。

■ ご使用の用途に合わせお選びください。


 ヘルメットの使用区分 

■ 飛来・落下物用ヘルメット
・帽体 + 着装体 + あご紐
・飛来物、落下物による危険を防止・軽減する。

■ 飛来・落下物・墜落時保護用ヘルメット
・帽体 + 着装体 + あご紐 + 衝撃吸収ライナー
・飛来物、落下物による危険、及び墜落による危険を防止・軽減する。

■ 飛来・落下物・電気用ヘルメット
・帽体 + 着装体 + あご紐 + ※ 帽体が充電部に触れた場合に感電から頭部を保護できるもの
・飛来物、落下物による危険を防止・軽減し、頭部感電による危険を防止する。

■ 飛来・落下物・墜落時保護・電気用ヘルメット
・帽体 + 着装体 + あご紐 + 衝撃吸収ライナー + ※ 帽体が充電部に触れた場合に感電から頭部を保護できるもの
・飛来物、落下物による危険、及び墜落による危険を防止・軽減し、頭部感電による危険を防止する。


 ヘルメットの着用方法 

■ ヘッドバンドの調整
・ヘッドバンドは、頭の大きさに合わせて調節してください。
(ヘッドバンドの調節が悪いと、使用中にぐらついたり脱げやすく保護性能を十分に発揮することが出来ません)
・ヘッドバンド調節方法は、各メーカーの取扱説明書に従って、正しく行ってください。

■ ヘルメットのかぶり方
・ヘルメットは真っすぐに深くかぶりましょう。後へ傾けてかぶるアミダかぶりはしないでください。

■ あご紐
・きちんと締めてください。あご紐の締め方、緩め方は各メーカーの説明書に従ってください。


 ヒヤリ・ハット 

■ ヒヤリ・ハットした事例
・夏場、あご紐の部分だけ日焼けしないのが嫌で、ゆるゆるの状態で作業をしていた。うつむいた時にヘルメットが取れ、キャッチできず海へ落としてしまった...。

■ 対処法
1.日焼けを気にしない強い心を持つ。
2.透明タイプのあご紐に変更


 ロゴ・社名、ラインなどの加工は高評価! 

■ 35,000件以上の加工実績を誇るフクヨシでは、ヘルメット加工も高評価をいただいています。

■ 加工を入れても4営業日で発送できる商品もあり、実際かなり売れています。ご不明点がございましたらお気軽にお問合わせください。

  • My page
  • その他のご注文方法
  • staff's BLOG
  • お問い合わせはこちら
  • 豊富な法人特典
  • twitter
▲トップへ戻る