安全靴とセーフティーシューズのお話

近年、安全靴はドライバーさんや物流倉庫などで義務付けられている会社も、大変多くなってきました。

主として、「着用者のつま先部分を先芯によって保護し、滑り止めを備える靴」と定義つけています。

作業者の足を守るため、普通の靴においては皮革ないし軟質合成樹脂製である先芯や中底が鋼板でできていることが特徴です。

軽量化のため硬質合成樹脂製の先芯を使った安全靴もあります。

意外と知らない本当の『安全靴』

安全靴と呼ぶ商品は、JIS規格[T8101] 合格品でなければなりません。

JIS規格(日本工業検査)【国内生産品】を対象とした規格のため、国産である必要があります。

JIS規格のない安全靴は、安全靴とは呼ばず「セーフティーシューズ」「安全作業靴」となるわけです。

「プロテクティブスニーカー」とも言われますね。「プロテクティブスニーカー」はアメリカなどでの正規表現です。


安全靴・セーフティーシューズのタイプ


● 短靴(くるぶしが露出)

● 編上靴(あみあげぐつ・へんじょうか)

● 半長靴

● スニーカー

最近の安全靴事情

工場や現場によって、労働安全衛生法・労働安全衛生規則により、安全靴を指定しているところが多いのが現状です。

また、人体に帯電した静電気を靴から逃がすことを目的とした静電気帯電防止タイプの安全靴も種類が豊富になりました。

こちらは「静電安全靴」や、単に「静電靴」とも呼ばれています。


その他にも靴底が耐油性のある素材や硬質のポリウレタンやゴム製もあります。

革の靴底が用いられることは少なく、総じて一般的な革靴より重くなっています。


溶接作業においては、火花が散るため、人造皮革よりも、安全靴が炎上し難い本革の安全靴を推奨しています。


JIS規格(日本工業検査)において、材質(甲被は牛革かゴム)や安全性などについて規格が定められています。

JIS規格における強度などの基準値を満たしていても、材質などがJIS規格を逸脱している場合は「作業靴」という名称で販売されます。


甲被が布や合成皮革で作られた靴はJIS規格に合致しないため、安全靴と呼ぶことは出来ません。

が、海外製の先芯を装着したスニーカータイプの靴増加に伴い、使用する人が安全性についての適正な判断を行うため、日本プロテクティブスニーカ協会(JPSA)により、JIS規格と同等の業界標準(JSAA規格)が設けられております。


JIS規格対象外の靴でも、JSAA規格に合致する製品に推奨マークを表示しており、わかりやすくしています。


株式会社フクヨシのお客様には、多種多様な業種の方がいらっしゃいます。

お客様、一人一人が満足いただける安全靴を今後もご提供していきます。

安全靴の商品カテゴリー

  • My page
  • その他のご注文方法
  • お問い合わせはこちら
  • 豊富な法人特典
  • カタログ請求
  • staff's BLOG
  • フクヨシのフェイスブック
  • 豊富な法人特典
  • カタログ請求
▲トップへ戻る